レコビアンドットコム

身近の事を色々やったり、紹介するブログ

ダイエットする時の筋トレやランニング、ストレッチの効果的な順番

      2015/11/19

昨日は効果的な筋トレの重さの話をしました。

それで調べていくともう一個気になる点がありましたので紹介します。それは筋トレを行う順番

トレーニングをすると鍛えたい部分を鍛えてるつもりでも他の部分の筋肉は使っているものです。例えば、ランニングしている時には足だけの筋肉を使っている訳ではなく、上半身も使っています。確かに、腕振ったりしてますしね…。

そして、これは筋トレでも同様でチェストプレスで胸筋を鍛えていても腕や肩の筋肉は使っているし、レッグプレスで足を鍛えている時も腹筋は使っている訳です。しかし、腹筋が付かれていると正しい姿勢を保つ事は難しいです。なぜなら姿勢を保つのに腹筋を使っているからですね。

参考:筋トレ種目の順番について

なので筋トレする時には効果的な順番も意識した方が良いという事ですね。

効果的な順番は?

効果的な順番は下記のような順番に行うのが良いとされています。上が優先順位が高く、下の方が優先順位が低くなっています。

1.足の筋肉(太もも)
2.胸の筋肉・背中の筋肉
3.肩の筋肉
4.腕の筋肉
5.おなかの筋肉
6.ふくらはぎの筋肉・前腕の筋肉

基本的には大きい筋肉からという事ですね。大きい筋肉を使っている時は小さい筋肉も使っていることが多い為、小さい筋肉を先に鍛えると効果的に大きい筋肉を鍛える事ができなくなってしまいます。

ちなみにダイエット目的となるとランニングと筋トレの順番にも気を付けた方が良いですね。

前に効果的なダイエット 水中ウォーキングのやり方、消費カロリー等の記事でも少し触れましたが、ダイエット目的なら脂肪を燃やす事が重要になります。しかし、効果的に脂肪が燃えるのは糖分を消費してから…。20分以上続けて有酸素運動をして始めて、脂肪が燃焼されます。

でも先に筋トレで糖分を消費してあげれば?当然、早く糖分がなくなって脂肪を消費する形になりますね。

ダイエット目的の人は「準備体操筋トレストレッチ(柔軟)→ランニングクールダウン」という順番で行うのが一番効果的と言えそうです。

 - 男のダイエット ,