レコビアンドットコム

身近の事を色々やったり、紹介するブログ

腰痛にも効く。脊柱起立筋のトレーニングやストレッチ。

      2016/02/03

最近はジムでトレーニングをするようになったのであまりなりませんが、少し前までは結構腰痛に悩まされてました。これって原因は脊柱起立筋の柔軟性が低下したり、衰えているからというのが原因らしいですね。

脊柱起立筋とは→
肉体改造研究所(脊柱起立筋)

簡単に言えば、首から骨盤まで背中の中心に通ってる筋肉ですね。この筋肉はほぼ全ての動作に使う筋肉で、この筋肉が弱ると猫背になったりして姿勢が悪くなるようです。また、比較的疲労が溜まりやすい筋肉で酷使し過ぎた為に腰痛にもなりえる筋肉のようですね。

もちろん、冒頭でも述べたようにこの脊柱起立筋の柔軟性が低下したり、衰えても色々と支障が出る筋肉なので非常に扱いが難しい筋肉と言えると思います。この脊柱起立筋については、

知ってそうで意外と知らない脊柱起立筋

こちらのサイトでかなり詳しく書かれています。

効果のあるストレッチ方法

上記のサイトにはストレッチ方法も具体的に書かれていますね。こちらのストレッチは私もジムでトレーニングをする時には必ずやっています。猫のポーズや足を抱え込むストレッチというのはわりと有名ですしね。なので私はこのストレッチは知ってても実はこういう効果があるというのは知らなかったです。

もちろんストレッチなのでゆっくりと呼吸する事が大事なのでそこは意識しておいた方が良いでしょう。

効果のある筋力トレーニング

もちろん柔軟性があっても筋肉が衰えてしまっては意味がないので、筋肉トレーニングもしていく必要があります。

トレーニング方法はこちらが分かりやすいですね。
脊柱起立筋と多裂筋の働きと体幹トレーニングで鍛える方法

背中に力を入れるトレーニングになります。他にはスクワットも効果があるようです。スクワットというとお尻や太もものイメージが強いですが、実は腹筋、背筋も使っています。これについてはダイエットする時の筋トレやランニング、ストレッチの効果的な順番で少し触れています。

もちろん腹筋、背筋に力を入れる事が重要なので、長めの棒(傘や野球バットなど)を背中に当てながらやり、背筋がキチンと伸びている事が重要となります。腰はできるだけ深く落とした方が負荷がかかるのでしっかりと落とすのがベターですね。コツとしてはお尻を突き出すようにやると良いでしょう。

年を取ってくるとこういう問題は避けられないので体のケアは気にしておきたいところですね。

 - 男のダイエット ,