レコビアンドットコム

身近の事を色々やったり、紹介するブログ

【2016年凱旋門】ブックメーカーとネット競馬のJRA予想オッズを比較する

      2016/09/30

凱旋門賞が今週開催されますね。今年はマカヒキが日本から参戦します。

また、日本で馬券が買えるようになるということもあって、注目度はかなり高まっているようです。

出走時間は日本時間で10月2日(日)23:05発走予定

海外馬券購入方法

JRAの即PATなどのインターネット投票でのみ販売。
WINSや競馬場での発売は無いようですね。

発売開始時刻は10月2日の10:00~23:05。

日本での放送時間

【フジテレビ系列】

「Mr.サンデー × スポーツLIFE HERO’SコラボSP」
10月2日(日) 22:00~24:40(予定)

どう買う今年の凱旋門賞?

ブックメーカー(ウィリアムヒル)とJRAのオッズ比較

※9月28日現在
%e5%87%b1%e6%97%8b%e9%96%80%e8%b3%9e%e3%82%aa%e3%83%83%e3%82%ba

さて、では早速ですが本題に入りましょう。

これはブックメーカー(ウィリアムヒル)ネット競馬のオッズ比較です。
ネット競馬の予想オッズはユーザーの事前予想から割り出しており、どういう傾向になりやすいのかというのは比較的つかみやすいです。

オレンジに塗ってあるのが、日本のオッズの方が低い馬です。
に塗ってあるのがあまり変わらない馬。
それ以外がブックメーカーの方が高いオッズになる馬となります。

ラクレソニエールやアルマンゾールの回避で多少の誤差はありますが、
日本馬のマカヒキの人気が集中してる事が分かります。

日本で人気になってる馬の傾向

マカヒキの他には、3歳牝馬レフトハンド今年に入って無敗ポストポンドが人気になっているのがわかります。

ポストポンドが人気になる理由は分かりやすいですね。
今年に入って無敗。こういった馬は日本でも人気になりやすいのでこの傾向は分かりやすいです。

レフトハンドが人気なのは、3歳牝馬が有利と言われる為ですね。
特に日本の場合にはオルフェーヴルが負けたトレヴ(当時3歳牝馬)のイメージが強いので、なおのことに人気になりやすいと思われます。

実際に3歳牝馬は、2014年では3着、2013年では1着、2011年では1,2着となれば、客観的に成績も申し分ないです。
また、この3年はどれも日本馬が参戦しており、日本人にとって強烈な印象を残してるのも間違いないです。

ザジュリエットローズも3歳牝馬でこのオッズではJRAオッズの方が優勢ですが、当日には過剰人気気味になりやすい存在かと思います。
3歳牝馬、連勝馬は人気になりやすいということを頭に入れて置いた方が良さそうです。

日本とあまり変わらない馬の傾向

ここはファウンドのみになります。

オッズの比較上、あまり過剰には見えませんが、他の馬と比べるとやはりそこそこ人気になっています。
ここで人気になってる理由を考えるとやはり牝馬という点でしょう。

オルフェーヴルのソレミア、トレヴ。
ゴールドシップ、ハープスター、ジャスタウェイのトレヴ。

期待された馬たちが牝馬にやられたというイメージが強い為でしょう。
3歳牝馬、連勝馬ほどではありませんが、牝馬はそこそこ人気になりやすいというのは頭に入れて置いた方が良さそうです。

意外と人気にならない馬の傾向

もともとブックメーカーでもオッズが低い馬はともかく、
ハーザント、オーダーオブセントジョージ、ニューベイ、シルバーウェーヴあたりは人気がかなり低く思えます。

要は上記の条件以外の馬ですね。3歳牡馬、4歳以上の牡馬がその傾向にあるようです。
当日になれば、人気が上がるかもしれませんが、牡馬は人気がしにくいと覚えておきたいです。

応援馬券を買うならブックメーカー?

さて、これを見て分かると思いますが、マカヒキの馬券を買いたい場合には、JRAで買うのは非常に損と言えます。
ブックメーカー(ウィリアムヒル)で買えば、6倍近くのオッズが付くのに、JRAでは2倍ちょっとですからね。

ただ、ブックメーカーを利用するときには、入金で4.9%の手数料が取られるのでそこだけ注意が必要です。
それを差し引いてもマカヒキはブックメーカーで買った方が得にはなると思いますが。

また、ブックメーカーは手間がかかるので、凱旋門賞しか買う予定がないという人は入会しなくても良いと思います。
もしくは応援馬券買いたいけど、あまり損はしたくない!って人ですねw

またマカヒキやポストポンドを買う予定がなければ、入会する必要はまったくないと言えます。

ただ、「まだ買う馬を決めていない」「凱旋門で本気で勝負したい」というのであれば、ブックメーカーには入会しておきべきでしょう。
意外と手間がかかるので登録準備の完了はしておく必要があります。

また、それ以外にも単純にブックメーカーに興味があるという人がいるならば後述しましたので、参考にしてください。

日本で馬券を買うなら?

ポストポンド、マカヒキ、レフトハンドは買うべきではないと言えるでしょう。

それ以外の馬であれば、大きな差はでないと思われます。ファウンドだけ少し注意する必要がありますが、上記の馬以外なら少し気にする程度で大きく関係ないでしょう。

そもそもブックメーカーで買った場合には手数料4.9%がかかるのでこれを差し引けば、ファウンドを買う時、ブックメーカーの方がお得というのはほぼないと思います。

ただし、素直に見ればポストポンドの実績が一番抜けているように見えるので、そもそも買うこと自体があまり得策ではないようにも思えます。
ポストポンドは今年のドバイシーマクラシックでドゥラメンテを下してますしね。

纏め

以上がオッズ比較です。

競馬をやってる人なら誰しもが話題にしていますが、形にするとまた違いますね。
参考になればと思います。

ちなみにブックメーカーとJRAの両方から馬券を買おうと考えてる人は、すぐに登録した方が良いですね。
私は2年前の凱旋門でゴールドシップを買いたくて、ブックメーカーに登録しましたが、予想以上に手間がかかり過ぎて買えなかったというオチがあります。

一応そのへんのめんどくささというか不便さは以下にまとめました。
ただ、今年はそれを差し引いても登録する利点はあると思います。

ブックメーカーについて

ブックメーカー(ウィリアムヒル)

ブックメーカーの利点と欠点

前述しましたが、まずは非常にブックメーカーの登録には手間がかかります。
登録しても不自由なところがあり、登録する時点で「登録しなくてもいいや」と思う人は多くいると思います。

まず、そう思ってしまう理由として

ブックメーカーの入出金はエントロペイで行うのが主流です。クレジットカードは使えません。
エントロペイの特徴はこちらのサイトを参考にするのが良いです。

また、このサイトを読めばわかりますが、エントロペイは日本円に換金できないです
正確には行う方法はありますが、めんどくさいのでオンラインショッピングで使うというのをメインにするくらいです。

こんな感じに意外とブックメーカーは日本で使う分に不便なので、これからも使う予定がない人は「めんどくささ>メリット」となります。
ただ、めんどくさいがゆえに「ブックメーカーに新規に登録する人は少ない」と言えるので、これからも利用したいと考える人や凱旋門で本気の勝負をするという人は登録しくべきでしょう。

今年、マカヒキが優勝すれば、こういったオッズの偏りはどんどん少なくなるでしょうし、「今年はマカヒキが勝つ!」と思っているならブックメーカーで買うのが有効です。
めんどくさいからこそ先にやるといった感じですね。

ちなみに現在はブックメーカーの新規登録はプロモーションコードを打ち込めば、25ドルのフリーベットが得られるので登録する際には必ず打ち込んでおきましょう。

トップページ、新規登録画面などに「プロモーションコード」という単語が出てきますので、そこに書かれてるコードを入力すればオーケーです。

英国政府公認ブックメーカー!ウィリアムヒルはこちら!

 - 競馬 , ,