レコビアンドットコム

身近の事を色々やったり、紹介するブログ

競馬の予想で100%当てる事はできない。競馬は推理ではない。

   

初めてこのサイトに来られた方はこちらをお読みください。
この記事に書いてあることが絶対に正解とはいいません。あくまで私の考えであるという事を踏まえて読んで頂けたら幸いです。

まずは基本的な話です。

競馬というのには絶対はありません。
例を上がれば切りがありませんが、故障、出遅れ、不利などなど、こういったことを予想するのはほぼ不可能です。競馬は推理小説のように答えがあって推理できるものではなく、不確定要素によって答えが変わるものです。なので100%当てるという事は無理です。

しかし、実際には競馬を予想する人は”当てようとする予想”をする人がほとんどです。
推理して当てようと人は結構います。しかし、それはサイコロを振って、次の出る目は何かということを予想するのと一緒です。

競馬はそのサイコロの出目の出る確率が違うだけゲームのようなものです。サイコロなら全部1/6ですが競馬の場合には、

1がでる確率…1/21
2がでる確率…2/21
3がでる確率…3/21
4がでる確率…4/21
5がでる確率…5/21
6がでる確率…6/21

こんな感じになります。

これだと例え一番確率の高い6を選んだとしても外れる事はありますよね。実際の競馬もそうです。
競馬で予想は完璧にできない、予想しても外れる事が多いという事は頭に置いて必要があります。

そして、これから言えることは【競馬のレースにはいくつかのパターンが存在する】という事です。
もちろん競馬をやってる人はそれを無意識のうちに分かってやってると思います。そうでなければ買い目をいくつも買うという事はしないですからね。

ただ、それをしてるのにも関わらず、2連系や3連系の軸馬に対しての意識では、負ける想定の意識をしている人は少ないと思います。
当たり前の事ですが買った馬が負ける可能性があるというのは頭に入れておくべきです。

となれば重要なのがどれくらいの確率になるのかという話になります。
次回はその確率の重要性と回収率の話になります。

目次
次項

 - 競馬, 競馬で勝つための心構え