レコビアンドットコム

身近の事を色々やったり、紹介するブログ

ダービースタリオンマスターズを攻略してみた。大阪杯は完璧な配合でゴリ押し。

   

競馬中継を見てたらやたら推していたので一カ月ちょっとプレイしてみました。

一カ月プレイした結果、

%e3%83%80%e3%83%93%e3%83%9e%e3%82%b92
%e3%83%80%e3%83%93%e3%83%9e%e3%82%b93

こんな感じになりました。

年数は62年。シナリオは8話まで、G1は9つ。
フェブラリーS、高松宮記念、桜花賞、ヴィクトリアマイル、オークス、秋華賞、エリザベス女王杯、マイルチャンピオンシップ、阪神JFまで取れました。

自分ではそこそこ取れた方かなと思います。皐月賞、朝日杯などは一番人気には支持されたのですが、負けてしまったしまいました。
ここらへんは運が悪かったから取れなかったなくらいでいつか取れる雰囲気があります。

ただ、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念は取れる気がしない

ゲーム自体はスマホゲームですが、無料でかなり遊べます。
上のG1を取れる気がしないと書きましたが、無課金で取れないかというとそんな事はないと思います。

そもそもこのゲーム、配合理論ゲームです。
ダビスタシリーズは毎回そんな感じですけどね。

課金をしても配合が悪ければ成績は良くないでしょうし、無課金でも配合がしっかりしてればG1は取れます。
競馬をやっている人はダビスタから血統を勉強したって人も少なくないですしね。
実際にはそれが現実で通用するわけではないですが、まぁまずは興味を持つことが大事だしね

そんなダービースタリオンマスターズ(以下ダビマス)をプレイした結果の感想を書いていこうと思います。

–スポンサーリンク–



大阪杯が難関

毎日王冠までは見事な配合で何とかなったんですが、シナリオ5話で登場する「大阪杯で勝利せよ」はこの配合では正直かなり厳しいと感じました。

なぜなら大阪杯ではこれはG1かと思えるような強敵がごろごろ出てくるんですよね。
少なくとも3頭近く出てきます。

では先に結論を書くとどうやってクリアしたか。
名牝セールで出てきたメゾンフォルテーとドリームジャーニー(☆4)の完璧な配合でゴリ押しです

大阪城Sを勝って、特別調教「酉杯」は取りましょうなんてあるんですが、上記でも書いたようにダビマスは配合理論ゲームです。
そもそも馬が強くなければ、相手にすらなりません。
「酉杯」を使って勝ちにいくのも効果はあると思いますが、配合で強い馬を作る方が現実的です。(※個人の感想です)

私はスピードCスタミナC根性Cのステータスの馬で首差勝利でした(ギリギリィ!!)
このくらいの能力があれば何とかなる感じですね。

完璧な配合を作ろう

じゃあどうやったら強い馬が作れるのか。
基本的にダビマスで強い馬が作れるのは運の要素が強いです。

完璧な配合を作る為の種牡馬の獲得→ガチャによる運
繁殖牝馬セールで目的繁殖牝馬を獲得→セールで出てくるか運
配合した時の能力値→やっぱり運

私は名牝セールでメゾンフォルテーを獲得しましたが、名牝セールは期間限定イベントなのでいつくるか分からないですしね。

そんなこんなで利用できるのかこれ。

配合シミュレーター
3台重ねの完璧な配合

特に配合シミュレーターはかなり便利です。
名牝にはまだ対応してないですが、自分なりの配合でどういった結果になるのか先に分かります。

3台重ねの完璧な配合は使える機会がきたら使ってくださいw
☆4の種牡馬をそれなりに使っているので種牡馬が揃っていないと使えないですしね。

ちなみにウェブで探した最強馬は、

【ダビマス攻略】完璧な配合でスピードA・スタミナAの最強馬が誕生しました!

これですね。
名牝セールの繁殖牝馬と☆4の種牡馬を合わせてもスピードCスタミナC根性Cです。
CとDの差でもかなり差を感じるので、それがAとなるとどれだけ桁外れか分かります。

「ファーストオーダー(優)×ウォーエンブレム☆4」の牝馬に、
「オペラハウス☆4」を合わせて完成したようです。

ちなみにこんな数値の馬が作れれば、大阪杯はもちろん楽勝だと思います。

–スポンサーリンク–



お勧めの厩舎

ダビマスで重要なのは騎手です。
騎手でレースでの能力にかなり差が出ます。
大阪杯を狙う場合にはやはり騎手は気を付けておくべきだと思います。

そして、騎手は所属する厩舎によって決まるので厩舎選びはかなり重要です。
赤がかなりお勧め、青が普通にお勧めの騎手です(※個人の感想です)

千石厩舎
主戦騎手:内田、三浦、横山典、長岡

内田騎手はそこそこ使える。横山典騎手は使えない事はないが、騎乗してくれない事が多いのであまりお勧めしない。

厩舎の特徴は「おまかせ調教」にするとOP戦ばかりでる。

八木沼厩舎
主戦騎手は戸崎、田辺、石川、武士沢

2016年のリーディングジョッキーだけあって戸崎騎手は使える。
ダビマスのデータは2015年のものだが、2016年版に移行したらさらに使えるようになるかも?

「おまかせ調教」をするならこの厩舎がお勧め。
長めの距離を使ってくるのでレース選択は自分でやらないといけないが、スタミナ調教が多いのはgood。

和泉厩舎
主戦騎手は蛯名、北村宏、田中勝、黛

騎手も厩舎も使い勝手が悪い。
蛯名騎手は横山典騎手のような能力の感じなのに騎乗してくれない事がわりとある。

「おまかせ調教」は馬を大事にと言いつつ、わりとガンガンレースには使ってくる
晩成型だから預けたのに結果が出ないなんて事も多々あり。

桐島厩舎
主戦騎手:ルメール武豊、菱田、武幸

お勧め厩舎
ルメール騎手に依頼して断られても武豊騎手が乗ってくれる事があるので、かなり使いやすい。

「おまかせ調教」は半年間全くレースに出ないなんて事もあったので個人的にはお勧めしない。
お勧め厩舎とは書いたが、「手動調教」でのお勧め厩舎という補足。

※ただし、騎手のおかげでおまかせ調教でもわりと結果は出ます

牛嶋厩舎
主戦騎手:福永岩田、四位、岩崎

福永騎手も岩田騎手もそこまで優秀な訳ではないが、断られた時に乗ってくれるというはやはり大きい。

レース選択は表示通り1000M~2400Mが中心。意外と長めの距離にも出てくれるのでそこは安心。
スピード調教が中心なのでスタミナEの馬だったら「おまかせ調教」で預けてもいい。

風間厩舎
主戦騎手:デムーロ川田、松若、国分優

桐島厩舎との分業でお勧め。

桐嶋厩舎ばかりに預けると騎手がかちあうので、デムーロ騎手が使えるこの厩舎にも預けるとスマート。
「おまかせ調教」でもそこそこの結果を出してくれる。レース選択も不満を感じる事は少なかった。

お勧めの調教方法

「おまかせ調教」と「手動調教」どちらが良いのかについては断然「手動調教」です。
「おまかせ調教」だと能力値がMAXまでいかないことが多いです。

時間はかかりますがその分見返りは大きいですね。
手動調教だと行動力もほとんど消費しないから行動力に制限される事もないですし。

お勧めの調教方法は、馬体解析をしてその馬にあった調教するのがベターではありますが、
ぶっちゃけ毎回毎回2億も払ってられません

なので、基本的には入厩前のコメントで「スピードありそう」「スタミナがありそう」「根性がありそう」等のコメントを見ながら育成します。
しかし、それでも私はめんどくさがり屋なので基本的には全馬調教方法はほぼ一緒です。

デビュー前:
併せ調教を中心に芝、ダートでバランスよく鍛えていく。鍛えるのは勝負根性。
%e3%83%80%e3%83%93%e3%83%9e%e3%82%b95

デビュー後:
ダートや坂路でスタミナ中心に強化
%e3%83%80%e3%83%93%e3%83%9e%e3%82%b94

レースの肝となるのは勝負根性です。
スピードやスタミナが冒頭で紹介したようにAランクあれば問題ないですが、実際そんな馬はなかなか出てきません。
大阪杯で勝負する時にはよほどの事がない限り強敵との叩き合いになります。
その時にやはり勝負根性があった方が良いので優先的に鍛えます。

また弱い馬ほど勝負根性が重要になるので、大阪杯の事に限らずデビュー前は基本的に勝負根性を鍛えるのが良いと思います。
勝負根性が伸びる馬は弱い馬でも条件戦突破はできると思います。うまくいけばG3くらいは取れます。

ただ、勝負根性がない馬はよほどスピードとスタミナに恵まれない限りは未勝利で終わる事もあります。
私は手動調教で勝負根性が上がらず、惜負続きで結局未勝利脱出できずなんて事もありましたw

そして、デビュー後はスタミナが上がりにくくなります。
スタミナは放牧などで下がりますし、レースではスピードは上がってもスタミナは上がらない感じです。

スピードはレースに出れば勝手に上がっていくのであまり鍛える必要はないです。
坂路やウッドで適度に鍛えながら、レースで印が薄いなと思ったら芝やポリで鍛える程度でいいと思います。

まとめ

配合、騎手、調教、この3つが重要だと感じるゲームでした。
ちなみに私は課金は全くしませんでした。それでも十分に楽しめます。

ちなみに配合は、

完璧な配合>見事な配合>よくできた配合>面白い配合

という順序になってますが、個人的には序盤は面白い配合を多用した方が良いかな?と思いました。
調教の部分でも書きましたが、序盤の弱い馬の時は勝負根性が重要になります。

面白い配合は勝負根性がある馬が生まれやすいので条件戦くらいは突破してくれます。
序盤はよくできた配合より使い勝手が良かったなって印象です。

そして、弱い馬で資金が稼げたら良い繁殖牝馬を買って、完璧な配合を目指してみてください。
私はそこまでやりんこんだ人間ではないですが、それでも大阪杯のシナリオはクリアできました。

大阪杯を勝つくらいの馬が出たら、BC(ブリーダーズカップ)でそこそこ稼げるようになるので資金面で困るという事はほぼないと思います。
ただ、現在は8話で止まってるんですが、これで馬体解析でダート適正B以上を出せってシナリオなんですよね。

馬体解析は金食い無視なのでご利用は計画的に。

あと、細かい疑問は
【ダビマス攻略】よくある質問とその回答
が便利かなと思います。

攻略という面では少し心もとないかなとは思います。
(例えば私は入厩タイミングを早熟(1歳9月)、普通(1歳11月)、晩成(2歳1月)で入厩させています)

ただ、システム面を理解するには便利ですね。

 - ゲーム , , , , ,