レコビアンドットコム

身近の事を色々やったり、紹介するブログ

雨の状態での騎手心理を読み解く

   

2017年の高松宮記念では、セイコンコウセイが勝ちました。
ここでちょっと騎手心理について考えるものがあったので、自分のメモ代わりも兼ねての記事です。

このレースでは当日、小雨が降っていました。
フジテレビの細江純子さんが内田騎手に馬場状態を聞いた時も、内田騎手は「雨は降っているが内外の差はあまりない」といったコメントを残しています。
解説の黒柳さん(確かこの人だったと思いますが間違ってるかもしれません)は「今日は前が残りますね」と言っていました。

私自身もどちらかというと前にいった馬が有利だなといった印象を持ってましたし、内で経済コースを走る方が良いだろうといった印象を持っていました。

しかし、実際のレースを見てみるとトウショウピストの吉田騎手、シュウジの川田騎手、ラインスピリットの森騎手は直線でゆっくり外に膨らみ馬場の中央を位置取りどります
その他、多くの騎手が内を嫌い、ティーハーフの国分騎手、レッドファルクスのデムーロ騎手、レッツゴードンキの岩田騎手、スノードラゴンの大野騎手くらいがインを突いたくらいです。
そして、注目すべきは内外の差はないといった内田騎手でさえ、わざわざ馬群の中に突っ込んでいきます

確かに見た目は内の方が悪そうというのは分かります。内だけ色が違いますからね。
一つ前の熊野特別でも最内は避け、外に膨らんでいるのが分かります。
しかし、二つ前の刈谷特別では最内から伸びてきたティーエスクライ(3番人気)は内を走ったアドバンテージがあるように見えましたし、経済コースで内を走ってきたナリタゴールド(9番人気)が6着に粘っていたりもします。

もちろんこの2レースとも中目の馬場を通ってきた2頭が勝っているので、内よりは中目の方が馬場状態が良い事は否定はしません。
ただ、3.1でも少し触れましたが、現在の馬場整備技術は上がっています。
なのでそこまで内が不利という事はなかったはずです。

実際に高松宮記念の2~4着馬は内を通ってきた馬です。
もちろん騎手にしか分からない事もあるとは思います。
ただ、雨の状態等で「見た目からして馬場状態が悪そう」な時には、やはり騎手としてはそこの馬場は通りたがらない心理が働くのかなとも思います。
その時にそこまで内が悪くないという判断ができていたのならそこまで想定して馬券を考えるのが良さそうです。

今回のレースではそういった馬場状態読みで臨機応変に動いた騎手はデムーロ騎手だけかなといった感じですね。
レッツゴードンキとティーハーフ、スノードラゴンはしゃあなしで内を突いてるようにも見えます。

こういった騎手心理読みは展開予想をする上で重要な項目だと思いますし、覚えておきたいです。

前項
目次

 - メモ書き, 競馬