レコビアンドットコム

身近の事を色々やったり、紹介するブログ

XeoryExtensionでCTA記事を作成する。

   

今回はCTA記事を作成です。
馬レコでは競馬記事を書いてくんですが、それを読んだ上で人が流れてほしいのはこのレコビアンドットコムの方。
それをする為にこのCTAという機能がデフォルトでついてるのは便利。

CTA(コール トゥ アクション)は会社等が運営しているのだと資料請求や商品販売のページに飛ぶようなものが多い。
個人ブログだと情報販売、競馬ブログなら有料予想メルマガとかの促進になるんでしょうかね。
要は行ってほしいページの誘導。
このXeoryExtensionにはLP(ランディングページ)も同様に設置してあって、LPはCTAの終着点になる事が多い。

このLPは要は販売促進ページなんですが、まぁ私は有料予想はやる気もないです。売れるようなもんなら一人占めするので。
それよりはまぁコンスタントに人が流れてくれる方が嬉しいかなと。

もともとCTAは読者にとってほしい行動なのでそれが「レコビアンドットコムに流れて欲しい」ならそれはそれでアリだと思う。
という事で作成開始。

実際に作ってみる

作り方はまぁあっさりする程簡単。
作り方はXeoryテーマのCTAの設定方法を見てもらった方が早い。

プレビュー画面で「投稿サンプル投稿サンプル投稿サンプル…」と出てきて、

「なんじゃーこりゃ~」と思ったけど、投稿記事の下にくるもんだからCTAが置かれる投稿記事のサンプルが置いてあるのか。

でも実際の記事には「いいねボタン」や「ツイートボタン」があるのに、このサンプル記事にはないのでプレビューのサンプルは個人的に混乱するだけなんじゃないかという感想。多分投稿記事の部分ももう少し手を加えていくだろうし。
まぁ分かってしまえば、問題ないと言えばないけど。

あと、CTAのボタンの設定のテキストは意外と長文でも違和感なくボタンとして設置されましたね。
私は26文字でしたが、それでもすっぽり違和感なく収まってくれました。

まとめ

今までは投稿記事にわざわざコピペで書いてましたが、こういう機能があると作ってしまえばあとはボタン一つでできるのでいいですね。
回収率の数字は同じ年度のものは年毎の最終結果で統一したいとも思ってましたし、CTAをいじるだけで年度ごとに統一できるのは素直に便利です。

 - XeoryExtension , ,